学校法人鶴嶺学園 神奈川社会福祉専門学校

神奈川県平塚市。平塚駅徒歩7分。専門介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャーを養成する専門学校

バナー

先輩達からのメッセージ

おしえて先輩「かなふく」ってどんなとこ

先輩からのスペシャルメッセージ!
心にズシンと響く、熱くて優しいメッセージ。
先輩たちを目標にして、さぁ夢にチャレンジしよう。
介護福祉科 田端豊晴さん

介護福祉科 平成26年度生 伊豆芳仁さん


私は中学の職場体験で介護の職業に興味を持ち、この学校の実習先や就職先の求人が多い所に魅力を感じ入学しました。
介護福祉士の養成校は今後、国家試験が義務化になります。
そうなると実務経験を積んで国家試験を受けたほうがいいのではないかと思うかもしれませんが、人材不足で施設の人材育成が追いついていないところもあります。
かなふくには分からないところを親身になって教えて下さる先生方がいます。
共に学ぶ仲間もいます。
一緒により良い介護をしていきましょう。

介護福祉科 田端豊晴さん

社会福祉科 平成26年度生 小野田脩史さん


私は高校時代に東日本大震災の復興ボランティアに参加し、そこで社会福祉士を知り、本校に入学しました。
当初は不安なことだらけでしたが、授業を通して行ったボランティアや施設見学、レポート課題、実習などを体験し、クラスメイトや先輩、先生方が親身にな支えもあり、自分なりに乗り越え、成長することが出来たのだと思います。
そのため就職も早い段階で決めることが出来、これからの自信につながりました。
とても濃密に過ごせたこの2年間を振り返ると、私は県外から本校へ入学して良かったと思います。

介護福祉科 松崎 菜央さん

介護福祉科 平成25年度生 松崎菜央さん


私は介護に興味がある程度で、介護とは食事介助やおむつ交換などの支援を行う仕事だと思っていました。
そのため、どちらかといえば、介護を学びたいというよりも「資格を取っておきたい」という気持ちでこの学校に入りました。
しかし、学校での授業や実技演習、実習を通して、ただ支援をすることが介護福祉士の役割ではないことを少しずつ学んできました。
この2年間で「介護に興味がある」から「介護福祉士として介護の仕事がしたい」と思えるようになりました。

社会福祉科 師賢一さん

社会福祉科 平成25年度生 師賢一さん


私は社会人でしたので、2年間という大学よりも短い期間で「社会福祉士」と「精神保健福祉士」を目指せることが入学の決め手でした。
期間が短い分、授業や課題は大変でしたが、クラスメイトと励まし合いながら乗り越えることができました。
また、先生がたも親身になって指導してくださり、福祉の仕事に就く自信もつきました。
とても濃密な2年間を過ごすことができ、本校に入学し良かったと思っています。


介護福祉科 矢田郁実さん

介護福祉科 平成24年度生 矢田郁実さん


体験入学に参加し、学校の雰囲気や先生がたの人柄に惹かれ、ここで学びたいと思い入学しました。講義や演習を通し、介護福祉士はどうあるべきか、ということも学んでいます。
学校行事では学年や学科を超えて交流を図ることができ、とても楽しい学生生活を送ることができます。
先生がたがひとつひとつ親身になって教えてくださるので、自分の課題が見つかり成長することができます。

介護福祉科 深瀬麻文さん

介護福祉科 平成24年度生 深瀬麻文さん


入学する1年前に祖父が倒れ、通所サービスに通うようになってから、福祉の道に関心を持ち始めました。
いろいろな学校を見学した中でも本校は校内や先生がたの雰囲気も良く、多くの設備が整っているところに魅力を感じました。
入学後はたくさんの優しい先生が熱心に福祉について教えてくれます。
この学校なら優秀な介護福祉士になれると確信しています。

社会福祉科 高橋沙里さん

社会福祉科 平成24年度生 高橋沙里さん


私は、大学の福祉工学の研究がきっかけで福祉をもっと学びたいと思い、大学卒業後、再度進学の道を選びました。
福祉を学ぶきっかけはみなそれぞれです。年齢も経歴もばらばらな学生たちが教室には集まっています。
はじめはクラスメイトと仲良くなれるか不安でしたが、みな同じ目標があるので、すぐ打ち解けることができました。
そして、些細な悩み事でも親身に相談に乗ってくださる先輩や先生がたがいます。
学生生活を通して自分をもっと高めてみませんか。

社会福祉科 原田拓実さん

社会福祉科 平成24年度生 原田拓実さん


学校では、基本的な知識を身に付ける講義のほかに、現場に出た時のための実践力を身に付けるロールプレイなどがあります。
ロールプレイの本番さながらの雰囲気はとても緊張感があり、力になっていると実感しています。
授業以外でも、悩みなどがあると親身になって話を聞いてくれる先生がたや、同じ福祉の現場で働くことを目指している友達と意見交換し合うことで、お互いの意識を高めています。
行事なども多く、毎日楽しく充実したが校生活を送っています。この学校を選んでよかったと思っています。

介護福祉科 田端豊晴さん

介護福祉科 平成23年度生 田端豊晴さん


この学校に入学した頃の自分は、介護の知識は無く、ただ「資格を取ろう」という、気持ちで毎日をすごしていました。
しかし、講義が進み、実習で実際に利用者の方と関わり、多くの笑顔を見て「利用者の笑顔を引き出す介護福祉士になりたい」という確かな目標を持つ事が出来ました。
また、学校生活や行事、実習を通じ、人としても成長し社会に出るための準備が出来たと思います。

介護福祉科 相磯公宏さん

介護福祉科 平成23年度生 相磯公宏さん


入学後、介護の勉強・実習を通して自分自身と向き合う事になり、自分の新たな一面に気づかされました。
学校では知識・技術の勉強を学ぶことは勿論のことですが、「介護福祉士に必要なことはなにか」に気づき、学ぶことのできる学校だと思います。
また、社会に出るために必要な教養、マナーも熱心に指導して頂け、卒業してからも社会人として堂々と胸を張ることができる学校だと思います。

社会福祉科 前田美奈さん

社会福祉科 平成22年度生 前田美奈さん


“就職率100%”これが私が入学を決めた理由です。
卒業時に就職先があるのか、社会福祉士の働く場は幅広くあるが、自分の希望する分野に就職できるのか、という不安があったので、数字はとても魅力的でした。
就職指導という授業の中で、履歴書の書き方など徹底した就職指導を受けることができ、授業外でも先生が相談にのってくださるので安心して就職活動に臨めました。
また、学校には様々な分野の施設からの求人が数多くきます。
その求人票や、インターネットなどを利用して自分の希望する分野の施設を見付けて就職試験を受け、無事自分の希望する分野へと就職することができました。
授業で学んできたことや実習で得た学びや経験は就職した今とても役立っています。

社会福祉科 落合まいなさん

社会福祉科 平成22年度生 落合まいなさん


入学の決め手は精神保健福祉士と社会福祉士のどちらも勉強ができるところでした。
授業では座学の他にロールプレイや面接技法など実践的な物も多く、実際に仕事に就いてからすぐに役に立つものばかりでした。
先生方も熱心で分からないことはすぐに教えてくれます。また、実習は大変ですが、そこから得るものがたくさんありました。
利用者の事はもちろん自分自信も見つめ直すきっかけになりました。

介護福祉科2年 木村篤史さん

介護福祉科 平成20年度生 木村篤史さん


体験入学に参加した時の、とても明るい雰囲気と先輩方の楽しそうな様子を見て、「この学校しか自分に合う学校は無い。」と思い、すぐに入学することを決めました。実際に入学してみて、きめ細かい介護の指導を受けられ、確かな介護技術を身に付けることができたと思いますが、入学して何よりも良かったことは、クラスの仲間ができて助け合いながら楽しく学校生活を送れることです。
やっぱり楽しい学校が一番ですよね。

介護福祉科 平成20年度生 野里恵理菜さん

介護福祉科 平成20年度生 野里恵理菜さん


私は介護の仕事に興味があり、ベット数も多く設備の整っているこの学校への入学を決めました。
学校生活では、校外研修・鶴嶺祭・スポーツ大会などといった行事もあり、先輩との交流も出来て、とても楽しく充実しています。
実習では、実際の現場である施設に行き、利用者の方と直接関わっていく中でコミュニケーションの方法などさらに多くの事を学ぶことができます。

社会福祉科 平成20年度生 市川夏美さん

社会福祉科 平成20年度生 市川夏美さん


入学したきっかけは、この学校の先生方の人柄です。
とても優しく接してくれ、雰囲気も良く、社会福祉士と精神保健福祉士の2つの資格を目指せる珍しい学校なので入学を決めました。先生方は丁寧に指導してくださるので、とても勉強のやりがいがあります。
同じ目標を持った仲間とも互いに助け合いながら過ごせます。実習では、いろいろな人との出会いがあり、自己課題が見つかり自分を成長させるとても良いきっかけになります。

社会福祉科 平成20年度生 愛甲慎さん

社会福祉科 平成20年度生 愛甲慎さん


高2のときに亡くなった祖父に何もすることができず、とても悲しかったので、「誰かの力になりたい」、「福祉職に就きたい」と思いました。
自宅から通いやすいこの学校へ入学することを決めました。授業で行う演習は、実際に現場で起こる事例をもとにしているので、現場にいる感じで対応の仕方を学ぶことができ、実習では学校の演習だけでは気付かないことも施設の職員さんに指導してもらえ、より良い技術を身に付けることができます。
また、実習後には実習報告会があり、他の人の話を聞けるのでとても勉強になります。

体験入学してみませんか?オープンキャンバス
是非キャンパスまでお越しいただき、「かなふく」の魅力を実感してください。
無料でお届け。資料請求はこちら
「かなふく」ならではの授業や施設、カリキュラム・イベントの情報が掲載されています。

無料でお届け!資料請求
オープンキャンパス
オープンキャンパスバスツアー
お問い合わせ・入学相談
かなふく公式 Twitterアカウント

厚生労働省指定(介護福祉士・社会福祉主事)養成校/一般対象(介護支援専門員講習会・介護技術講習会)]

神奈川社会福祉専門学校

〒254-0046 神奈川県平塚市立野町1-10 0463-30-3231 0463-30-6595